なぜ願いが叶う人と叶わない人がいるのでしょうか?

私たち個人に業(カルマとも言われています)があるように、各ご家庭のご先祖様にも、 業(霊界の借金)や陰徳(霊界の貯金)がございます。 願い事が叶わない人は、個人の業が深い上にご先祖様にも業があり、陰徳もないからです。 現世で願い事が叶いやすく物事が順調に進んでいく人というのは、ご先祖様が代々手厚く先祖供養されていたので陰徳が貯まっており、その陰徳を使いながら現世で生きているので、物事が順調に進み願い事も叶いやすいのです。 しかし、陰徳があるからと言ってそれを使ってばかりいると、いずれかはその陰徳も無くなり、家系が衰退していく事になります。陰徳は現世の貯金と同じで、使っているといつかは無くなります。先祖供養を通してご先祖様の陰徳を貯めながら、私たちもご先祖様にお導きいただけるように、日々ご先祖様に感謝されることが、とても大切で重要な事です。ご先祖様と私たちは、常に持ちつ持たれつの関係なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。